FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験版をプレイしてピンとくるものがあったので「ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング
を購入、数日やり続けてます。
東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング
(2012/07/28)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

次々と出題される、一桁程度の計算問題の答えを覚えておいて、数問先の出題時に答える「鬼計算」がメイン。
簡単そうに聞こえるかも知れないけど、やってみると意外と難しいし、疲れます。
他にも色々入っていて。
いくつか触ってると、治療現場で実際に行われてることが非常にうまく3DSソフトに落とし込まれていると感心しました。
ワーキングメモリーを鍛えるソフトとの宣伝文句ですが、いやいや。それどころか。
「計算20」では、数桁の計算問題が速いテンポで出題されます。
同じ事を、治療現場では計算ドリルを「急いで」やります。出題スピードをコントロールできる3DSのほうがよっぽど理想的。
これやって下さい、と出された、一桁の計算問題が並ぶプリントに
「バカにするなっ」と先生に怒鳴ってたおばさんがいたけど・・
ほらほら、意外と間違ってる。桁数が問題じゃないんです。
引き算がずらっと並んでる中に足し算が混じってるのは、
健常者でもうっかりすれば見逃しますよね。あるいは5+9=を45と反射的に答えたり。いわゆる空目で。
様々な要因で注意力が減退してる人は、計算ドリルを、間違いを減らそうとひたすら解くんです。
他にも、治療の手段を絡めてるな、と思える部分があって、興味深いです。
「脳トレ」みたいなブームにはなってないけど、「鬼トレ」はやっておいたほうがいいですよ。
脳障害を克服させるくらいのトレーニングを一般の人がやったらどうなるか。
こんなに周りに勧めたいソフトも珍しい。

先生から「治療に役立ちそうなゲームソフトはないかなあ」と相談されたことがあって。
手持ちのそれっぽいものは「クイズマジックアカデミー」と「レントン教授」くらいしかなくて、
見せたら微妙な反応をされたんですけど、「鬼トレ」なら興味持ってくれただろうなあ。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 きままにゲームリーダー, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。