「この男子、宇宙人と戦えます」「この男子、人魚ひろいました。」がAT-Xで再放送になりました。
一度目の放送では、実況スレッドの感想、反応と同じくまともに正視できなかったのですが、
つまらないアニメはたくさんあるけど、画面を見ていられないくらい嫌になるのはそうそうないと思い、
再放送を敢えて見てみました。
「この男子、宇宙人と戦えます」「この男子、人魚ひろいました。」をここまでおぞましく感じる理由は
何だろうかと。わかれば同じ徹を踏むまいと。
○この男子ポータルサイト
視聴者を喜ばせよう(ギャグを入れろって訳じゃなく)、楽しませようという要素が皆無
 人気声優がBL風に演じているから、それで喜べと?

絵柄が基本的にBL(個人的にあの口の描き方が受け付けない)
表情、人間の描き方にバリエーションが少ない。
描きやすいパターンを描きためた腐な方のスケッチブックを見せられているよう。
意味ありげなセリフを言ってみるが、言ってるだけ。意味も興味も感じない
・主に上記の理由から、自己陶酔の激しい、見せる相手を意識せずに製作した同人作と差がない出来になっている。
 要するに自分が作りたいモノを作っただけかと。置いてきぼりにされる印象を強く感じました。
やまなし、オチなし、意味なし

視聴者が男だから「この男子、宇宙人と戦えます」「この男子、人魚ひろいました。」をつまらないと感じるとかいう問題ではない。
「この男子、宇宙人と戦えます」「この男子、人魚ひろいました。」は
おそらく制作者が、新海監督の真似事をやって喜びたかった、自己満足の産物です。
お客へのサービス精神って、本当に大事なのだなと思えました。

制作者が自己陶酔に陥るのはありえること。
でもメーカーのプロデューサーは、ここまでになる前に口を出せなかったのか?仕事をしたのか?
人気声優にアフレコさせるネタが欲しかっただけなのか?
同じく嫌悪感を抱かせるだけの映像作品だった「ピーピング・ライフ」絡みのメーカーの作品
だと知りました。あれと同じセンスかと納得。
素人発掘は良いけど、気持ち悪いものを選ぶ傾向があるな。
Newtype (ニュータイプ) 2013年 08月号 [雑誌]Newtype (ニュータイプ) 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/07/10)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 きままにゲームリーダー, All rights reserved.