上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃小説大賞への応募は終わったし、
そろそろブログの更新を再開します。

ファミ通で大きく特集されてたiPhone向けゲーム
拡散性ミリオンアーサー」(基本無料、アイテム課金有)を試しにプレイしてます。
とある魔術の禁書目録」などで知られる鎌池和馬氏
携わっているということで期待してプレイしたのですが…
Million of BraveryMillion of Bravery
(2012/03/21)
ヒャダイン ちょうちょ、ちょうちょ 他

商品詳細を見る


ジャンルはカードゲーム。
しかし、よくあるカードゲームのように、相手の出す札に応じて自分の持ち札を
出していくようなバトルのルールではなくて。
開戦と同時に、デッキの中身をバッと晒して、その後は持ち札に応じた戦力で、自動的に
勝敗が決まってしまいます。(もしかしたら、私がまだ把握できていない要素があるかもしれませんが)。
カードゲームによくある戦略性の面では、なかなか楽しめません。

他プレイヤーに戦いを仕掛けて、相手のアイテムを奪うことも出来るのですが、
勝敗は、こちらもプレイヤーのレベルとデッキの中身で決まってしまう印象。

他プレイヤーにアイテムを奪われたり奪い返したりとか、強化したキャラクター、デッキで
他プレイヤーを圧倒したりする辺りに楽しみを見いだせたなら遊び込めるのではないでしょうか。
シナリオ面についてはまだ途中までしか見てませんので、感想はひかえておきます。
あまり、ゲームをした、という満足感を味わえないタイトルでした。

これから「拡散性ミリオンアーサー」を始めてみよう、と言う方は、
下記の招待IDをスタート時に入力すると、特典がもらえますよ。
招待ID「1f372
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 きままにゲームリーダー, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。