FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムユニコーン エピソード3「ラプラスの亡霊」が劇場公開、
及びネット配信が開始されました。
私は大阪の劇場へ観に行ってきました。
○機動戦士ガンダムUC公式サイト
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) [Mobile Suit Gundam UC] 3 [Blu-ray]
(2011/04/07)
内山昂輝、藤村歩 他

商品詳細を見る

初日の劇場には、初回上映前から物販コーナーに長蛇の列が。
劇場限定のブルーレイソフトと、プラモデルがお目当て。
ブルーレイソフトは、シナリオ本とフィルムがついてくるレア仕様なのです。

購入待機列はなかなか消化されず、あっという間に初回上映の時間が。
「はじまっちゃったよ」なんて声があちこちから聞こえる中、
いつ売り切れるかわからないので、みんな並び続けていました。
私は上映二回目の席を予約していたのですが、その上映開始前に
なんとかブルーレイとプラモデルを購入。
・・なんだかんだいって、昼過ぎまで売り切れずに残っていたらしいです。

OVAシリーズとして作られた、アニメ版ガンダムユニコーンですが、
劇場版アニメ作品として観ても全く不思議ではない完成度。
エピソード3は宇宙空間での戦闘が充実していて、
ラスト辺りの展開はスクリーンにかぶりつきで観ていました。

ダブルゼータとか、過去シリーズから登場するキャラクターやモビルスーツが
度々現れるので、そこで客席からざわめきが起こることも。
少なからず、原作を読んで展開を知っている方もいらっしゃるでしょうけど、
アニメではっきりと描かれてしまえば、また別の衝撃がありました。
逆襲のシャアの続きがやっと始まっているんだと、
改めて喜べるガンダム。鑑賞券1200円は安いと思える出来でした。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 きままにゲームリーダー, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。