上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しくないことかもしれませんが、
某パソコンゲームコーナーに、未開封の中古ソフトが大量に並べられました。

某18禁ゲームの、とあるソフトハウスのものが四種類。
ファンディスク3種類ほどと、アニメ化したこともあるゲームソフト1種類。
それぞれ、10本以上。全て未開封。
ファンディスクは400円という投売り価格。

店の過剰在庫なら、わざわざ中古ラベルをつけないし、
問屋から受け取ったにしても同様。
プレミアがつくようなソフトはないので、買い占めた誰かが
放出したものではないだろうし。
となると……ソフトハウス自ら、在庫を中古として売ったのでしょうか。

このソフトハウス、危ないかなぁ。
こちらの勘違いであればいいんですが。
スポンサーサイト

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム


さて、バグ続出のサマーデイズ。

サマーデイズ 初回限定版 サマーデイズ 初回限定版
Windows XP (2006/06/23)
OVERFLOW

この商品の詳細を見る

メーカーから修正パッチを収めたディスクが送られてきました。
・・HPで配布されているパッチより古いバージョンでした・・これをどうしろとっ。
HPにお詫びの文書がアップされて、ユーザー登録した人には正式なディスクを
送ると約束したわけですが。
そのページのソースを見ると
「ソースも見てもぐだぐだなダケで何も面白くありませんよ?」
なんて一文が埋め込まれて、
騒いでるユーザーにとりあえずあやまっといて、影で舌を出している会社の姿勢が
明らかになったのでした。
なんというかもう・・ここまで最悪な対応をするメーカーは見たことないですよオーバーフロー・・

で、メーカーのHPでは、イベントで「製品版と同等になる」
と宣言されたバージョンのパッチが配布されています。
しかし、これを使用しても不具合は変わらず。
選択肢が勝手に選ばれるアドベンチャーゲーム。
目当てのキャラにフラグを立てようとした途端、
別のキャラへ「ラブラブっすよ」と一目散に走っていく主人公。
イベントフラグを立てるのが難しいのではなくて、
勝手に考えて適当なキャラのお尻を追いかけていく主人公を
なんとか制御するゲーム。
現時点で、誰がなんといおうと美少女ゲーム最高難易度と言えるでしょう。

いやこれじゃゲームになっていないでしょう、とメーカーさんに
伺うと、さらにパッチを当てる予定があるとか。時期未定で。
サマーデイズをまともに遊べるようになるまでは、まだまだ時間がかかりそうです。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム


Xboxのラジオ番組「Xbox Live The Party」がスタートします。FMで。

http://assets.xbox.com/ja-jp/liveprogram/

放送日にXboxのオンラインサービスに繋いで、リスナー同士で遊ぼう
という内容だとか。
あと「毎回ゲストを招いて、ゲームはもちろん、
アートやカルチャーなど様々な分野の話題をトークしていきます」ってことで、
明らかに一般のFMリスナーを意識しているなぁと。
ゲームキャラのネタで盛り上がるような番組には、なりそうもない感じです。
ポッドキャスト配信もするみたいなので、東京以外の方も興味があれば。

マイクロソフト提供のラジオ自体が珍しい。
MSのラジオCMなんて聞いたことがないですし。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム


サイン会で申し込んだ「サマーデイズ」修正ディスクが
メーカーから届いたので、中身などをちょっと調べてみます。

その間、こっちの話を。
「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌集シングル。
涼宮ハルヒの詰合 ~TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌集シングル~ 涼宮ハルヒの詰合 ~TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌集シングル~
涼宮ハルヒ(平野綾)/朝比奈みくる(後藤邑子)、涼宮ハルヒ(平野綾) 他 (2006/06/21)
ランティス

この商品の詳細を見る

イメージ映像を見つけたので、曲を聴いたことがない方も
パワープレイで聞きまくってる方も。



ちなみにアニメのオープニングテーマは、
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」オープニングテーマ 冒険でしょでしょ? TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」オープニングテーマ 冒険でしょでしょ?
平野綾 (2006/04/26)
ランティス

この商品の詳細を見る




エンディングテーマは
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」エンディングテーマ ハレ晴レユカイ TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」エンディングテーマ ハレ晴レユカイ
涼宮ハルヒ(平野綾)、長門有希(茅原実里) 他 (2006/05/10)
ランティス

この商品の詳細を見る




職人さんの腕が光りますな。

で、アニメ本編はこんな感じです。
涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版 涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版
石原立也、 他 (2006/07/28)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る





(2006-06-28 18:17)

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック


大阪・日本橋の「とらのあな なんば店」では、
二階の店舗に大型液晶テレビが置かれて、主にアニメ映像を流しています。
土曜に流れていたのは「涼宮ハルヒの憂鬱」で先日放送された、学園祭の回。

これをBGMとして買い物をしていたお客さんたちが、
演奏シーンやMCのシーンで主役が笑顔になるタイミングになると
ハッとテレビを振り向く。
いや本当に。テレビの前を普通に通りかかった人が一人残らず。
このセリフが聞こえたらこのシーンだ、とわかっていないと、
こんな動作はできないわけで・・みんな何度も見てるのか・・いや、そうとわかる私も私だが。
今年4月スタートの新番組が60本を超える状況で、そこがマニアックな店だったとはいえ
居合わせた全員が見ている番組というのもすごいもんです。

さすがに原作を読んでみたくなったので、帰りに買って読み進めています。
涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒの憂鬱
谷川 流 (2003/06)
角川書店

この商品の詳細を見る


3年前の6月に発行されて、私が買ったのが二十版。
売れてるなぁ。

「とらのあな」の隣にあるソフマップでは、サマーデイズでキャラクターデザインなど
をされているごとうじゅんじさんのサイン会がありました。
サインを入れるクリアファイルのイラストにかぶらないよう、サインペンを走らせるのは
ありがたかったなと。絵柄がわかんなくなる勢いで大きなサインが入る場合も
ありますから。

どうやら「パッチを入れたディスクを郵送しますので?」とサイン会の前説をした
丸坊主の方がオーバーフローの社長だったらしい。ごめんなさいなどとは一言も無く。
ゲームを買ってサイン会に参加した方々は、サインをもらえてうれしいんだけど
「いや……」「パッチっていつのバージョンのをもらえるっての」
など首をかしげながら帰ってゆきましたとさ。

(2006-06-25 00:33)

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック


せっかくなので、というか予約していたので
「サマーデイズ」を買ってきました。
パッチをちゃんと入れて、どんなものかとお試しプレイ。
サマーデイズ 初回限定版 サマーデイズ 初回限定版
Windows XP (2006/06/23)
OVERFLOW

この商品の詳細を見る


↑18禁ソフトなのでご注意を。

で、簡単にストーリーなどを紹介したいところなんですが……ムリでした。
まず、1時間プレイして発生した不具合を。
・選択肢が勝手に選ばれる(結構頻繁に)
・キャラクターの口パクなど、動画が空や他のキャラに飛び散って表示される
・ムービーを早送りすると字幕が消えることがある
・キャラクターの声がたまに聞こえなくなる

特に「選択肢が勝手に選ばれる」のは、アドベンチャーゲーム形式なのに致命的。
どれだけやり直しても、ダメな選択肢を選んだ効果音が鳴るばかり。
現状、最新パッチをあてても、まともに遊べません。
複数のエンディングへ枝分かれしているはずが、
その道をシステム自ら閉ざしている状態なのでした。

発売記念のイベントにて、開発スタッフは製品版ではない、未完成版のデータを
マスターディスクとして焼いてしまったと話していたと、掲示板に書かれてありました。
段階的にパッチを重ねて、本来のマスターディスクと同じ形にしていくとか。
……いや、それが本当なら、本来のディスクと交換するのが普通じゃないかと。
新しいパッチを当てればそれまでのセーブデータ、クリア履歴が破棄されるので、
現状、クリア不能だし後でまた同じプレイを繰り返す必要があるわけで。

発売日にプレイすることに、意味が全く無いゲーム。
こんなひどい例が過去にあったでしょうかっ。
ソフマップの人も「ひどいですよね」と苦笑いされてました。
そんなソフマップで明日、スタッフのサイン会があるのですが……荒れるか?

(2006-06-23 20:22)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム


23日発売の18禁パソコンゲーム「サマーデイズ」。
発売前にバグ対応の修正パッチが配布されるのは、
パソコンゲームならばよくある話。
けれど、その修正パッチの容量が2ギガを超えている、という
ネタのような状況は、過去に無い話でしょう。
サマーデイズ 初回限定版 サマーデイズ 初回限定版
Windows XP (2006/06/23)
OVERFLOW

この商品の詳細を見る


↑18禁ソフトなのでご注意を。

2ギガの修正パッチ公開から一晩明けると、その容量が約半分に。
ソフトハウスのHPでは圧縮を工夫したとか説明していましたが、
実際は容量の大きな同一ファイルをふたつも詰め込んでいたからとか。
2ギガのほうをがんばってダウンロードした方は……本当にお疲れ様でした。

そんなわけで1ギガとなった修正パッチの中身をのぞいてみる。
すでに話題になっている通り、大容量の理由は音声・動画データ。
展開してみれば、それぞれ1ギガ程度になります。
容量が大きいだけあって、アレなシーンの動画や音声が多数あって、
(ファイル展開の必要はありますが)肝の部分を開発元自ら、ネットで流しているような状態。

ゲームに関わらず、ソフトウェアの修正パッチは、
バグを直すためのプログラムを配布して
「今度からはこっちを使ってください」と改良品を渡すものだったような。
それが、ゲームの素材を大量に、パッチとして配布するってことは……
製品版に入れ忘れたデータとか?
普通ならば回収騒ぎだけど、発売日周辺に購入者対象のサイン会を
予定しているし、発売日を既に半年近く延期しているし、
パッチ対応が一番やりやすかったんでしょうね。

こんなとんでもない状況でもファンが集まっているのは、他のメーカーは
ほとんどやっていないフルアニメーションを実現しているからで。
問題をきちんとフォローして、次回作こそはきちんと作ってほしいですね。

(2006-06-22 19:43)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム


ニンテンドーDSで発売された「ニュースーパーマリオブラザーズ」。
横スクロールスタイルの新作マリオとしては、かなり久しぶり。

ニュー・スーパーマリオブラザーズ ニュー・スーパーマリオブラザーズ
Nintendo DS (2006/05/25)
任天堂

この商品の詳細を見る


脳年齢ソフトで、幅広い年齢層が遊ぶようになったDS。
こうした動きを受けて、新作マリオはアクションゲームが苦手な層にも遊べるよう、
簡単に作ったんだろう・・と思うとそうではなく。
最初のステージこそサクサク進むものの、難しいステージは後にちゃんと用意されています。

ステージのゴールまでの道筋はいくつも用意されているから、
最終面までクリアできない人は自分が得意な面だけを遊んでも楽しめます。
得意なステージの、ちょっと難しいルートを選んでゴールをめざしているうちに、
苦手なステージをクリアできそうな腕に上達しているかもしれません。
ですから、小さなお子さんにこのマリオを渡しても、
お父さんに頼らず、自分でうまくなれるんじゃないでしょうか。

全体的に難易度を下げるのではなくて、遊びの要素を作り込むことで
誰にでも楽しめるようにした「ニュースーパーマリオブラザーズ」。
アクションゲームが苦手な方こそ、遊んでほしい一本です。

(2006-06-26 22:35)

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム


「涼宮ハルヒ」のCDが売れてます。


涼宮ハルヒの詰合 ~TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌集シングル~

涼宮ハルヒの詰合 ~TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌集シングル~

  • アーティスト: 涼宮ハルヒ(平野綾)/朝比奈みくる(後藤邑子), 涼宮ハルヒ(平野綾), 畑亜貴, 神前暁, 朝比奈みくる(後藤邑子), 山本寛
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2006/06/21
  • メディア: CD


学園祭のシーンで歌った曲を収録したCDが、関西では放送日の翌日に発売。
TVアニメーションではありえないほど細かく書き込まれた動画が評判を呼び、
曲もよくできていたから、シングルCDは飛ぶように売れている、と。
先日のブログで書いたCDの売り方と似たパターンですけど、
アニメとしても、曲としてもきちんと作り込めば、ファンは価値を感じてお金を出すんですよね。

今回は「ハレ晴レユカイ」のように、オリコン上位へアニメソングを入れようとの
運動は抜き。それでどこまで売れるのか、真価を問われるところです。



(2006-06-21 23:50)

テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック


「ぷよぷよ」で一世を風靡したソフトハウス「コンパイル」。
その夢はカレーチェーンを展開すること。でも丸いもみじ饅頭で大もうけ。
経営が行き詰って、ソフトの版権をセガへ売り渡す前の社屋は、
田舎の風景に囲まれた、倉庫のような場所でした。

社名を「アイキ」に変えての再出発。
発行されたメールマガジンには、旧コンパイルスタッフの名が
ちらほらと見られ、再起をまだあきらめていない気配もありました。
ただ……現在のアイキは会社情報でおわかりの通り、マンションの一室が所在地。
http://www.aiky.biz/(株式会社アイキ)
2年前から新作の音沙汰がないあたり、オンライン販売の管理のみをしているのかと。

といった状況の中、突然現れたのがメディアファクトリーの子会社
「コンパイルハート」(http://www.compileheart.com/)。
そのブランドロゴは、旧コンパイルと同じピンク。そして同じ文字フォント。
さらに未発表タイトルには「のーみそコネコネパズル」とサブタイトルが。
アイキでは一度も出なかった旧コンパイルのキャッチコピー
「のーみそコネコネ」が、ここでやっと出たのでした。

名物タイトル「ぷよぷよ」の版権など、一切合財セガへ持っていかれて、
あれやこれやの続編を作ることはできない状態。
でも、かつてのアイデアやノウハウ、老人向けのゲーム体験会を開くほどの
積極性が、社名の通り「コンパイルの心」として、まだ残っているなら。
またゲーム業界の真ん中で、お祭り騒ぎができるかもしれませんね。

(2006-06-19 23:39)

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム


そろそろ騒動が落ち着いてきたかな?
というところで「乙女はお姉さまに恋してる」。

http://www.starchild.co.jp/special/otome/

PCゲームがTVゲームやアニメになると、キャラクターの声をあてていた
声優さんが変更になるのはよくある話で。
ただ、主要キャラ五人に声優グループ5人をねじ込む強引さには、
やはり非難が集まってしまいました。

アニメを売るために人気声優を連れてくるのではなくて、
人気声優グループの歌を売るために作られたアニメはどう仕上がるのか?
アニメ制作に関わっている「スターチャイルド」は、
文化祭とか歌手デビューとか、原作にないエピソードを作って、
CDの曲を流すだけの回を普通にやっちゃうわけで。
今回もCDを売るためだけのアニメになるのかなぁ、という気配がします。
原作ゲームと違った内容のアニメ化は、どちらかのメディアに違和感を
覚えさせるファンを作って、よくない結論を出すだけだと思うのですが……出来はいかに。
(2006-06-18 21:58)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム


ゲーム&ウオッチ3タイトルをDSで再現するソフトが、クラブニンテンドーの景品として登場。

http://club.nintendo.jp/new_present/index.html?Cb

電子ゲームといえば、ゲームセンターのテーブル筐体を模した本体から、ロボットのおなかを開くと
画面が出てくるもの、双眼鏡型など、タイトルごとに形も操作系も異なるものでした。
そんな中でも「ゲーム&ウォッチ マルチスクリーンシリーズ」は
十字&丸ボタンを採用していたりと、DSへの移植はまだ可能な部類ですから、
知らない方でも存分に楽しめるのではないかと。
得点を重ねるほどにゲームスピードがアップしていくあたり、
テトリスに通じる高揚感があります。

知られている話かどうか、ゼルダのゲーム&ウォッチも存在します。
主人公はリンクだし、ゼルダ姫を助けるし、8等分されたトライフォースもちゃんと出ます。
次のゲーム&ウォッチではぜひゼルダを移植してほしいものです。

(2006-06-17 19:17)

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム


先週の話になりますが、任天堂の国内向け説明会。

http://www.irwebcasting.com/060607/03/74d18b0400/index.html

DSのコンセプト提案をしたのは、先代社長の山内溥相談役だとか。
ファミコン時代から続く「ワンハード・メニーソフト」のスタイルが
ハード寿命を延ばし続けるコツだったけれど、
脳トレなど、特定ジャンルのソフトだけが売れて、そればかり作る状況ではダメなわけで。
常識力トレーニングDSという知育系ソフトへの発展を示しつつ、
FFや逆転裁判などの従来型ソフト展開もしっかりやっていく。
この隙のなさが、社長を「DSがどこまで売れるかわからない」と言わせる理由なんでしょうね。
(2006-06-12 20:05)

テーマ:任天堂 - ジャンル:ゲーム


アット・ニフティのフォーラムサービス「気ままに任天堂フォーラム」が
2004年に閉鎖されて、そろそろ2年。
ニフティにゲーム系のユーザーコミュニティ枠を新たに作る気配が
ないのなら、できるところからということで。
新たにブログを立ち上げてみました。

初めての方に説明させていただくと、「気ままに任天堂フォーラム」とは
任天堂の話題を中心に扱っていた、アット・ニフティのフォーラムサービスでした。
パソコン通信がまだ健在だった時代、2ちゃんねるのような掲示板システムは、
個人でサーバーを立ててBBSを仕立てるか、
ニフティのような企業が有料サービスとして展開するかの二択で。
私は後者における、ゲーム関係フォーラムのマネージャを担当していました。

こうしてブログを手軽に立ち上げられたり、便利な時代にフォーラムのような
ビジネスはなかなか成り立たないけれど、と復活を狙いつつ。
ゲームソフトや周辺情報のコメントを書きつづっていきます。


・・と、最初にブログを立ち上げたのはソネットのほうでした。
6月11日から開始して、まだ日も浅いのですが。
あちらのブログサービスが頻繁に止まるので、ひとまずこちらへ
全てのニュースをサルベージすることにします。
というわけで、ここから10記事ほどは、サルベージしたものになります。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 きままにゲームリーダー, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。