fc2ブログ

セガがペルソナを含むアトラス作品の実写映画・ドラマ化を検討
とのニュースがあります。

アトラス作品のドラマ化は、実は過去にありました。
「真・女神転生デビルサマナー」のドラマ化(1997年)。テレビ東京系列の深夜番組。
ドラマ化をきいて間もなく東京ゲームショウがあったので、
ドラマ関連の展示があるかなとアトラスブースを覗いてみたけれど、
特に何もなくて。
当時はその程度の扱いでした。

現在ほどCGを使えない時代でしたから、映像の雰囲気は昔ながらの特撮との印象でした。
一時期、作られていた「大人向けの特撮」ってやつでしょうか。
ゲームから持ち込まれた要素は少なかったような。
話題になれずに終わった印象です。

この時代にドラマ化するなら、内容を原作ゲームに寄せられるか、が求められるでしょう。
ゲームを知らない層向けに、原型を留めないくらいオリジナル設定で固めた映像化では、別物。
ドラマ版 真・女神転生デビルサマナーの再現にしかならないと思えます。

現在、ローソンにて開催中のキャンペーン
『PSO2 ニュージェネシス』ゲーム内で使えるアイテムプレゼント!キャンペーンのスタンプがなかなか付与されないので、ローソンにメールで問い合わせてみました。

対応メールを頂きました。
スタンプの反映に遅延が発生しているとのこと。
現在、対象商品のお買い物をした、3~4日後のスタンプ反映予定になっているようです。
スタンプが反映されないなーと心配な方は、待つか確認されてはいかがでしょう。

手続きに不備があったかと心配でしたよ。
6月24日お買い物分について問い合わせをしたので・・お買い物から今日で3日後ってことなんでしょうか。スタンプが反映されました。
ロールケーキおいしー。

メガドライブミニ2の収録タイトルが続々発表されています。
収録されるタイトル数は50以上だそうですが、
データ量多めのメガCDから20タイトルを予定とは。
ロード時間を抑えてプレイできるなら最高です。




通販サイトでは品薄状態の様子ですが、実店舗では予約受付中なのをよく見かけます。
購入先が見つからない、と言う方は、お店をまわってみるのもいいかもしれません。

オンラインMMORPG「ファンタジーアース ゼロ」が
2022年9月28日(水) 15:00でサービス終了と、公式サイトにて告知されました。


基本プレイ無料のアイテム課金タイプのMMOです。
サービス開始が2006年ですから、約20年でサービス終了となります。

私はファンタジーアース ゼロは未プレイです。
ファンタジーアースのサービス開始時、FF11にドはまりしていたもので・・

ファンタジーアース ゼロのサービス終了に伴って、
ファンによるプレイ継続が検討されているのが珍しい展開です。
クラウドファンディングで出資を募り、サービス運営元であるスクウェアエニックスへ
サービス継続(どういった形かは未確定)に向けた働きかけをする、と。

サービスが停止されたオンラインゲームはこれまでもありましたし、
サービス継続を望まれたゲームもありました。
その場合は有志がサーバー(いわゆるエミュレーターサーバー、エミュ鯖)を勝手に立てて、
プレイ環境を維持していました。
エミュ鯖はもちろん非公認ですし、バージョンアップが入って遊びが増えることもありません。
ただ、サービス終了すれば、二度とプレイできないのがオンラインゲームです。
プレイ環境を維持する事には価値があるでしょう。
集まったお金で、別会社での運営に向かうのか、エミュ鯖を立てるのか。
まだわかりませんけど、運営に話を通して行動する、プレイヤー方の誠実さが報われる事を望みます。

iPodの販売が終了した今、読んでおきたい本です。
図書館で見つけて、一気に読んでしまいました。

スティーブン・レヴィ著 上浦倫人訳
iPodは何を変えたのか?


iPod開発開始から、iPod shuffleの人気絶頂期辺りまでの
アップル社内の動き、

iPod発表後、iPodが気になって気になって仕方なかったであろう
ビルゲイツに、筆者がiPodの実機を触らせてみた際の反応(ああそうなるよなあ、と。)等々、
iPodブームに翻弄される世界が、関係者の証言を交えつつ綴られています。

iPodの収録曲で個性を見せる人たち、
ランダム再生のshuffle再生に、選曲センスを感じて本当にランダムかと疑う人たちなど、
アメリカでも起こっていた動きなんですね。

本書にはiPhoneはまだ登場しません。
iPodの時代に、こんなにも素晴らしいiPodの先に、どんなデバイスが登場するんだろう、と
夢を見るページもあるからこそ、iPod時代の空気が感じられる一冊になっています。
いつか、現代を、スマホの時代を、本書のように一冊で振り返る頃には、
どんなデバイスの時代になっているんでしょう。
iPod時代の自分に、
次世代のデバイスはiPod初期モデルの前面をガラス張りにした見た目だよ、
と教えても、わけわからんと一蹴されるでしょう。
同様に、今、未来を教えてもらえても信じられないでしょうね。

iPhone、スマホの先の時代で待つ何かは、
今の私たちには想像つかないデザインをしているでしょうか。
本書は過去が語られている本なのに、読むとデバイスの将来が楽しみになるんです。
興味深い本です。ぜひご一読を。
↓ipod発表の瞬間

State of Playが本日配信されました。
未発表タイトルとしては、バイオハザード RE:4、
PSVR2向けバイオ等々。


FF16は、これまでよりゲーム内容に踏み込んだトレーラーと、
発売時期の発表。これから発売までどんなイベントが企画されているんでしょう。
色々楽しみにしてます。

E3で公開されるはずだったプレイステーション情報は、
ここで出るのでは、と期待。
動画配信番組「State of Play」が、6月3日 午前7時から配信されます。

情報が最近出ていないDQやFF、PS5関連の未公開情報など期待してもいいんでしょうか。
見逃さないようにしましょう。

プレイステーションBlogに書かれていたことが興味深かったです。
以下引用。

>同時ストリーミングとビデオ・オン・デマンド(VOD)について
>本番組にはPlayStationが管理していない著作権保護されたコンテンツ(使用許諾を
>受けた音楽など)が含まれることにご注意ください。私たちは、素晴らしい同時配信者や
>クリエイターの皆さんを歓迎していますが、私たちの管理外にあるライセンス契約が
>本番組の同時ストリーミングやVODアーカイブに干渉する可能性があります。
>本番組をVODとして保存し、振り返り動画の作成や番組のクリップの一部を
>リポストすることをお考えの場合、著作権で保護された音楽をすべて削除
>することを推奨します。

同時配信や切り抜きは、やってもいいけど、
動画サイトにBGMが著作権侵害とみなされないよう、
音には気を付けてね、ということでしょうか。
ずいぶん寛容になったなあと驚きました。
宣伝映像を拡散してくれる分にはかまわないのでしょうね。

例年ならアメリカでE3(エレクトロニック・エンターテイメント・エキスポ)
が開催されて、期待のゲームタイトルから、
存在すら知られていなかったゲームタイトルまで発表される、楽しい時期なのですが
今年のE3は開催されません。
とはいえ、何もないということはなく、新作情報はメーカー各自でされるでしょうし、
INDIE Live Expo 2022が今年も配信番組で始まっています。
インディゲーム情報が中心となるんですが、
並行してSTEAMで始まるセールが見逃せません。
インディタイトルだけに、初めて見るタイトルが多いですし。

2001年10月に初代モデルが発売された、iPodが販売終了となります。
私が初めて購入したiPodは、アップルのHPによれば
第3世代iPod モデル(2003年発売ということです。10Gモデル)。
使用中は、内蔵しているハードディスクが「キュィィィン」と音を立て、とても発熱します。
モニターはもちろんタッチパネルじゃなく、バックライト付きのモノクロ液晶です。
IMG_3444.jpg

本体下部の丸い部分は「タッチホイール」。
ホイールを指で回すようになぞれば、
画面に表示される、収録曲リストのカーソルが上下します。
ホイール中央をタップして、決定。
ホイールを回すとカチカチ鳴る操作感が楽しかったです。

以降、モデルチェンジを重ねるたびに、予想外の進化を遂げていました。
思い切ってモニターを排除して、その分サイズと重みを削減し、
曲目リストを確認できなくなった点を、シャッフル再生機能で克服した上、
服にクリップで留めておけるくらいに軽く小さくなったiPod shuffle
モニターを復活させつつも小さく軽く、値段も抑えたiPod nano
iPodは一気に普及しました。

低価格で軽いMP3プレイヤーは他にもありました。
でも、iPodのお洒落なデザインに勝てる商品は見当たりませんでした。
マッキントッシュっぽい白から、カラフルなデザインへ変化するにつれ、
女性ユーザーを見かける機会が増えていきました。



でも今となっては、スマホで音楽が聴けるのだから、
iPodを持ち歩く必要はないですよね。
iPodの進化は、iPhoneとほぼ同じデザインのiPod touchに落ち着きました。
カメラがタッチパネルの上と、背面にもついていて、アプリを使える。
こうなっては電話機能のないiPhoneですよね。
今や、オーディオ機能はiPhoneの一部なのだなと、iPodの存在意義はもう無いのかもしれないと、
電機店の展示機を眺めて思っていました。

アップルウォッチの購入を検討していた頃、店員さんに
「アップルウォッチは、MP3プレイヤーを手首に着けるようなものですよ」
と教わりました。
当時はぴんときませんでしたが、使ってみれば納得です。
アップルウォッチの音楽アプリを使えば、
iPhoneに収録した曲を、iPhoneに一切触れずに操作できるんですから。

各種モバイルデバイスの一機能として音楽を扱えるのなら、
MP3プレイヤーを持ち歩く必要が、もうなくなってしまったんだなと。
高音質を追求しているウォークマンは別として。

オンラインゲーム「ファイナルファンタジー14」。
追加されたPVPコンテンツ「クリスタルライン コンフリクト」が盛況です。
開催中の牙狼コラボでは、達成条件が、PVPコンテンツのプレイになっていることも理由でしょうけど、
一試合五分間と、短時間で決着が付いて、若干ですが経験値が入るのでレベル上げ目的の人もいるのかなと。

クリスタルライン コンフリクトの開始時に参加プレイヤーの写真が表示されるんですが、
設定をしておかないとグレーな背景の中、無表情でボーッと突っ立ってる自キャラの写真が表示されるので、
なんとかしたいなあと。
めんどうそうで、触っていなかったポートレート設定などしてみました。

クリスタルライン コンフリクト試合前に表示される写真を設定するには
1.「ポートレートの編集」から、試合前に表示させたい写真を作成、保存。
FF14.gif

2. 「ポートレートの編集」ウィンドウの左側に、リストされた写真名を左クリック
 写真のようなポップアップメニューから「コンテンツ用ポートレートに適用する」を選択。 

 ポートレートは、写り具合を様々に試したくなる、なかなかの沼要素。
 触ってなかったのがもったいなかったなぁ。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2022 きままにゲームリーダー, All rights reserved.